花田春兆さんの俳句。


花田春兆さんの俳句。


花田春兆(本名 花田政国)

5月13日(土)午後2時39分逝去。
享年91才

1925年(大正15年)10月22日
大阪生まれ。

出世時からの脳性まひによる歩行・起立障害、言語障害がある。


1934年
東京市立光明学校入学。
学校の先生に勧められて、俳句を始め俳号「春兆」を受ける。

1947年
身体障害者による同人誌「しののめ」創刊。

1957年
俳誌「萬緑」に入会、中村草田男に師事する。

1965年
結婚し、一男一女を授かる。

1980年
国際障害者年日本推進協議会(現在の日本障害者協議会)副代表(現在は顧問)

1981年
内閣総理大臣賞受賞

1982年
総理府(現在の内閣府)障害者対策推進本部(後に障害者施策推進本部)参与

1995年
朝日社会福祉賞受賞

2000年
特別養護老人ホーム入所(パソコンを始め、クラブ活動の陶芸で陶俳画を創造)

2015年
第16回 ヤマト福祉財団 小倉昌男賞



著作

句集「端午」「天日無冠」「喜憂刻々」 
句文「折れたクレヨン・私の身障歳時記」
「殿上の杖-明石検校の生涯」
「鬼気の人-俳人富田木歩の生涯」
「福祉・複眼・福の神 花田春兆対談集」
「一九八一年の黒船-JDと障害者運動の四半世紀」


交響詩曲 障害者・文化史絵巻(DVD)「ゑびす曼陀羅-日本の障害者文化史」  ほか多数。




●俳句


血は燃ゆれど征き難きかな我れ壮丁(1944年。徴兵検査)



光る夏雲健ならば夙(と)く戦死の身



子ら囃す炎昼下校の乳母車



就学猶予クレヨンポキポキ折りて泣きし



秋暮れる笑おか泣こかはぐれ邪鬼



初鴉「生きるに遠慮が要るものか」



生くるべし炎天を航(ゆ)く車椅子



不具よりも無収が苛責ちろろ虫



いざる父をまだ疑わぬ涼しき瞳



歩行器に油さす母春の虹



青蜥蜴蔑む視線に身を透かさむ



胸内の邪鬼を鍛えよ春一番



●ご冥福をお祈りします。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花田春兆 いくつになったら歩けるの (人間の記録) [ 花田春兆 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/19時点)





商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
愛と感動の人間ドラマ!障害を乗り越え、第一線で活躍をつづける俳人。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
花田春兆
1925~。大阪府生まれ。俳人。脳性マヒにより障害があり、現在まで車椅子での生活をおくる。1934年(昭和9)光明学校(現・都立光明養護学校)に入学。47年に『しののめ』を創刊し、編集にあたる。63年に俳人協会全国大会賞「万緑賞」、95年に朝日社会福祉賞を受賞。日本障害者協議会副代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)






★楽天市場・花田春兆★
★楽天市場・花田春兆★

★Amazon・花田春兆★
http://amzn.to/2rx8AIR



*********************************************



俳句・短歌ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

****************************************************
★楽天市場・俳句★
★Amazon・俳句★


ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード





送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオが無料で楽しめる。
  ↓  ↓  ↓



スポンサードリンク


*******************************************
haikuzzz_mo.JPG




★楽天の電子書籍で俳句を極める★
Amazonで俳句書籍を探す!
Amazon,Kindleで俳句を読む


スポンサードリンク