5月17日。北村透谷の命日。北村透谷の俳句。


5月17日。北村透谷の命日。
北村透谷の俳句。






松島に於て芭蕉翁を読む
北村透谷

余が松島に入りたるは、四月十日の夜なりき。「奥の細道」に記する所を見れば松尾桃青翁が松島に入りたる、明治と元禄との差別こそあれ、同じく四月十日の午うまの刻近くなりしとなり。余が此の北奥の洞庭西湖に軽鞋けいあいを踏入れし時は、風すさび樹鳴り物凄き心地せられて、仲々に外面そともに出でゝ島の夜景を眺むべき様もなかりき。然しかれどもわれ既に扶桑衆美の勝地にあり。わが遊魂いかでか飄乎へうことしてそゝり出で、以て霊境の美神と相あひ通化せざるを得んや。
・・・・

初出:「女學雜誌 三一四號」女學雜誌社
1892(明治25)年4月23日



北村透谷は正岡子規とほぼ同年代だが、子規が活動するよりも以前に俳句を論じた。

しかし、この早熟の天才は日清戦争の起きる時代の流れも影響したのか、精神に異常をきたし、
芝公園で首を吊った。25歳の短い生涯だった。



ぬらぬらとからをはなれた蝸牛

七年を夢に入れとや水の音

この山に鶯の春いつまでぞ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治文學全集(29) 北村透谷集 [ 小田切秀雄 ]
価格:8100円(税込、送料無料) (2017/5/16時点)






★楽天市場・北村透谷★
★Amazon・北村透谷★


****************************************************


俳句・短歌ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

****************************************************
★楽天市場・俳句★
★Amazon・俳句★


ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード





送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオが無料で楽しめる。
  ↓  ↓  ↓



スポンサードリンク


*******************************************
haikuzzz_mo.JPG




★楽天の電子書籍で俳句を極める★
Amazonで俳句書籍を探す!
Amazon,Kindleで俳句を読む


スポンサードリンク